WordCamp Tokyo 2014

こんばんは、金田です。
WordPressの一大イベント「WordCamp Tokyo 2014」に参加してきました。

会場は「大田区産業プラザ」(東京都大田区南蒲田1-20-20)です。
以前リクルートさんがフランチャイズの展示会をやった会場で、この会場へは2度目の訪問です。

大田区産業プラザ

タイムテーブルはこんな感じでした。

WordCamp Tokyo 2014 タイムテーブル

学びをアウトプットしますので、お役に立てば幸いです。

WordPressで作るビジネスを聞いて

Noel Tock氏よりWordPressを利用した飲食店のポータルサイト(HappyTables.com)の運営事例についてお話を聞かせていただきました。

WordPressはもともとブログシステムなので、必要なものだけ利用すればよい。
サイドバーやコメントは必要なければ外す。

デフォルトテーマでいいものはたくさんあるので、こういったカスタマイズはぜひ押さえておきたいですね。

UIについて

トップページにスライダーを使っていますか?
(スライダーを利用したテンプレートは、米国でも人気)
しかし、スライダーのクリック率(Click Through Rate)は1%
5枚目のスライダーのクリック0.03%
一生のうちにカミナリに打たれるのと同じ確率

最近、この話題を何度か耳にしています。
AppleがiPhoneのサイトでスライダーを辞めたと話題になっていましたね。
具体的な数字を用いて言われると、もうスライダーはやめようと思いました。

WordPressの投稿・管理画面について

投稿画面は宇宙船のよう

最初にワードプレスにログインした時の印象はこれに近いと思います。

 

記事だけ書く人にアドミン画面は必要?
直接書けるようにする試みがある。

うれしいですね。リアルタイムにプレビューしながら、編集できるようになる日を楽しみにしています。

必ず押させておきたい今すぐできるセキュリティ対策

これはやってるから大丈夫ということで、ほかの座談会に参加しました。
WordPressのセキュリティに関して最後の方だけですが、少しお話を聞くことができました。

バックアップをしっかりととる

バックアップは、ファイルとデータベース両方のバックアップをしっかり取るようにしたいですね。できればサーバーとは別の媒体に2つは取っておくのがよいと思います。

私は、BackWPupを使って自動でDropboxへのバックアップと、ローカルへのバックアップを取っています。サーバーでバックアップを取ってくれるところがありますが、信用していません。過去にはサーバーのバックアップデータが消失した事件もあることですし…

パスワードを、長く!

私はいつも、そのサービスで利用出来る最大強度のパスワードを使うようにしています。
もちろん、別のサービスでパスワードの使いまわしはしないようにしています。

最新にアップデート

セキュリティの観点からは必須ですね。
ただ、カスタマイズしたらアップデートためらいます。
動かなくなったりするのが、負担ですね。

ブルートフォース攻撃

Bruteprotectという不正なアタックを防ぐプラグインが一定の効果が期待できるそうです。
https://wordpress.org/plugins/bruteprotect/

私は.htaccessで管理画面へのアクセスを特定のIPアドレスに制限する対策を行っていたのですが、ひとつ穴があることがわかりました。最近は「xmlrpc.php」という別の入り口を攻撃する事例が流行っているそうです。すぐ「xmlrpc.php」へもIPアドレスによるアクセス制限を追加しました。
家の玄関に例えるなら表玄関はセコム&ピッキングに強いドア、裏口が普通のドアという状態だったのが、両方ともセコム&ピッキングに強いドアになりました!

その道のプロに聞く!こらからの情報発信

池田将さん、中村健太さん、PITE.(堀口英剛)さん、朽木誠一郎さん、江口創介さんという、情報発信のプロフェッショナルの方々から貴重なお話を聞かせていただきました。

国語の成績が悪く、とにかく文書を書くことに苦手意識がある私にとっては非常にためになる講演でした。
メモ的な内容で恐縮ですが、勉強になった点です。

池田将さん:

情報を発信し続ける必要がある
ニュースがいい!
最初は3人からスタートした
面白そうな記事を翻訳してだす

中村健太さん

個人ブロガーからスタート。アフィリエイトをやっていた。
1日一本だけど記事のクオリティを上げるという戦略
発信した情報をもとに盛り上がる形にシフトしていく。2ちゃんの創世記のようなスタイルにもどるかも

PITE.(堀口英剛)さん

ノープランからスタートして大きくなった!mixiでマンガやアニメのレビューからスタート!どうやったらアクセスがあがるか面白くなってなってた
ゲームはアクセスが稼げるけどゲームブログにはしたくない
コメントがかえってくるような一言を入れている
趣味を持って発信を!
好きなことを書くことと、アクセスを集めるのは別!その勉強も必要
某IT企業に勤めているが、Googleの方が便利
ヤフーのリアルタイム検索は便利

リグブログの編集長
朽木誠一郎さん

LIGブログは社員のアウトプットからスタートした
オウンドメディア(企業イメージを損なうわけにはいかない)
技術系からのスタート企画ものがバズった
技術情報は検索エンジンからの流入、オモシロ系コンテンツはバズってソーシャルからの流入
記事で誰かが傷ついたり、損害を与えることが無いように気をつけている(リグ)

LIGさんは、大きくなったがゆえ課題を抱えているようでした。
弱者が強者に勝つには、小さいならでは戦略を立てれば勝てそうです。

記事のネタの仕入れ方

  • 足を使うと面白くなる
  • 製作者の写真とコメントは有益
  • 読みてのニーズをイメージする
  • 体験談や製品レビューはそこそこ稼げる
  • 上位を狙えるワードで記事を書く

ブログの戦略・ヒント

  • 断言して、炎上される。ファンにするという戦略
  • 上から目線ではなく、ツッコミどころを用意しておく!

読み手をかなりきっちりと意識して、イメージしてコンテンツを制作しているという印象でした。

  • 読み手にどう感じてもらいたいかをしっかりとイメージして、記事を作成している。
    儲かるネタに対してのアンテナが高い
    まとめたり、翻訳したりすることで新しい価値が生まれる
    アイコンよりも、顔出し・ブランディング

いい記事を書くコツ

  • 商業ライターの育て方と同じ
  • 類似でお手本となる記事を5記事ほどしっかりと研究する
  • マネージャーは赤を入れる事が必要
  • 読んでくれている人がいるということをしっかり考える

WordPressの真髄を探る!WordPressビギナーからのステップアップ術

完全にプログラマー向けの内容で、何言ってるかわかりませんでした。
すみません。勉強します。

最後に

WordPressの奥の深さと、可能性について大変勉強させていただきました。
個人的には、情報発信についての講演が大変勉強になりました。

(編集後記)

LIGの段田さんが遊びにいらっしゃってて、お会いすることができてちょっとうれしかったです。
LIGブログのページトップボタンや段田商会で有名ですからね。

雑記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。